赤本買取査定結果を少しでも高くするコツ

赤本買取の査定結果を少しでも高くするコツは?

せっかく赤本買取をしてもらうなら、少しでも高く買い取ってもらいたいですよね。
実は、赤本の査定結果を少しでも高くするためには、ちょっとしたコツがあります。

 

合わせてこちらの記事を参考にしてください。
赤本買取!高く買い取ってもらうには時期を狙う

 

そこで、赤本を査定に出す前に、ぜひ知っておきたいポイントを紹介していきます。

 

専門業者に買取してもらう

 

まず、赤本は、できるだけ専門業者に買取を依頼しましょう。
「早く赤本を売りたい」と焦って、近所の古本屋さんに売ってしまうのは待ってください。赤本買取専門業者

 

赤本や参考書の専門業者でないと、買取金額は数百円程度になってしまう可能性が高いです。

 

専門業者でないと、赤本の価値をわかってもらえないからです。

 

もちろん、赤本の状態によっては、専門業者でも査定金額が低くなる可能性もあります。
でも、専門業者に査定を依頼すれば、高く買い取ってもらえるチャンスも広がりますよね。

 

買取は時期によっても値段が大きく変わる ベストな時期は?

 

次に、赤本を査定に出す時期についても、ベストタイミングを知っておきましょう。
受験が終わると、「早く赤本を売って、臨時収入が欲しい」と焦ってしまう人が多いようです。

 

でも、ここで早まってしまうと、査定を低く見積もられてしまうことが少なくありません。

 

赤本を売るのに1番オススメの時期は、10〜1月くらいの間です。
この時期は、ほとんどの大学の赤本が出揃う時期なので、受験生が一斉に赤本を買い始めます。

 

そのため、赤本全体の需要が一気に上がる時期なのです。
そのような時期に売ると、状態の良い赤本の場合は、かなり高く買い取ってもらえることが多いようですよ。

 

でも、「次の秋まで売るのを待つのはちょっと…」という人もいるかもしれませんね。
この場合は、新年度が始まる前の3月末がオススメです。

 

新年度に突入したと同時に赤本を買うという受験生も、決して少なくありません。
そのため、新年度の直前も、比較的査定金額が高くなるようです。

 

また、夏休み直前の7月も、査定金額が高くなりやすいようです。
夏休みは受験生にとって、貴重な勉強期間ですよね。

 

「この時期に赤本を解いておこう」という受験生も多いので、赤本の需要も高くなります。
それに伴って、赤本の査定金額も高くなりやすいようですよ。