私はこんな売り方をしました!早稲田の赤本を損なく売るには?

早稲田の赤本を高く売る方法@体験談

大学受験が終わったら、使わなくなった赤本を捨ててしまうのはもったいない!ということで、私は、赤本を全て売ることにしました。「わずかな金額であっても、お小遣い稼ぎができれば嬉しいな・・・」という軽い気持ちで、赤本を売りに出すことにしたのです。

 

ところが、「赤本は、売り方次第ではかなりの高額がつく」という情報を小耳に挟みました。それから、少し欲が出てきて、「せっかく売るなら高く売れるようにしよう」と、色々調べてみることにしたのです。

 

私の手元にあるのは、早稲田大学全学部の赤本です。昔から早稲田大学に憧れがあり、「どうしても早稲田大学に入りたい!」という思いがあったので、全学部を受験したのです。そして、受験後は、「人気の早稲田大学の赤本がこれだけ揃っているのだから、きっと高く売れるだろう」と、ちょっとした期待を抱いていました。

 

そこで、早速近くにある古本屋さんを片っ端から当たってみることにしました。

 

ところが、古本屋さんはどこも、買取価格がとても安いということがわかりました。相場としては、1冊につき100円にも満たない値段です。

 

ちなみに、本屋さんで新品の赤本を買った時は、1冊の値段が2,000円前後。せっかくこれだけの投資をして赤本を買ったのに、そんなに安い値段で買い取られてしまってはもったいないですよね。なので、古本屋さんに買い取ってもらうことは諦めました。

 

では、中古参考書専門のネットショップはどうかな・・・と思い、調べてみることにしました。

 

これに関しては、「買取価格がどうなるかは、運を天に任せる」といった感じでした。確かに、ものによっては、びっくりするくらい高く買い取ってもらえる場合もあるようです。でも、古本屋さんの買取価格と同じくらいの安さで買い取られてしまう場合も、決して少なくないようです。

 

最新号の赤本だと、高額買取してもらえる可能性は高くなるようですが、「必ず高額買取してもらえる」という保証はありません。

 

一般の古本屋さんよりは高額になるかもしれませんが、どのような結果になるかは賭けですよね・・・。

 

ただ、「赤本を段ボールに入れて送り、後は査定と支払いを待つのみ」という形なので、手続きはとてもラクです。

 

そこで、最終手段として考えたのが、ネットオークションです。

 

ネットオークションであれば、自分が希望する値段をつけることができます。もちろん、「誰も買い取ってくれなければ、安値どころか、全くお金が入ってこない」というリスクがあることも考えました。でも、自分が1番納得する形で売りたいという思いがあったので、思い切ってオークションにしました。

 

結果としては、私の場合は、ネットオークションで売ったのが正解だったようです。1冊当たり1,000円前後で売ることができたので、私としては十分に納得できる価格です。

 

ただ、ネットオークションの場合、赤本1冊につき出品ページを1冊作らなくてはならなかったり、買取希望者と直接やり取りしなければならないという手間があります。

 

又、買取希望者との間にトラブルが発生した場合も、自己責任で対処しなければなりません。そのため、この手間が面倒だと感じる人は、ネットオークションは避けた方が良いでしょう。

 

赤本を売る場合、「買取価格が安くても、手続きがラクな売り方」という選択肢と、「手続きや準備が面倒でも、高く売れる可能性がある売り方」という選択肢があります。

 

正直、どちらが正解かはハッキリ明言することはできません。ただ、1つだけ言えるのは、せっかく売るのであれば、色々な売り方のメリット・デメリットを把握した上で、自分が本当に納得する方法で売った方が良いですね。

 

後に、友人のMちゃんが参考書のネットショップで同じ早稲田の赤本を売り、わたしより高額査定を付けてもらい買取ってもらったようです。

 

ただ、彼女の場合何冊かまとめて査定してもらったようです。まとめて売るなら、オークションより専門買取ショップの方が手間もかからず良いかもしれませんね。赤本買取!高く買い取ってもらうには時期を狙う